それは、、、

今からお話しする5つのポイントが鍵になって来ます。

このポイントを知らずに、学習をし続けても
学習が身につかないどころか、気力まで失ってしまい
本来の目的を達成することができなくなります。

なので、ここからお話しする内容をしっかりと熟読して下さい。

そうすることで、今のお子様の受験や学力に対する問題点を
解決する術を知ることができます。

まずは

そもそも、なぜ学力が伸びないのか?

 

 

【理由1】講師の解説が分かりにくいから

実はお子様と講師との相性が、もっとも成績を左右します。

これは私たちも学生時代に経験をしたことがありますが、嫌いな先生の授業は理屈抜きでその教科も嫌いになってしまいます。

つまり、教師との相性が成績に大きな影響を与えるということです。

さらに、多くの教師は自分の知識を自慢するように教えるので、お子様目線に立てていません。

だから、解説が難しいとか分かりにくく、理解しにくい授業をする教師が非常に多いのです。

そこで弊社では、教師の指導力はもちろんのこと、人間力も高めることでお子様にとって素晴らしい指導者となるべく、日々講師育成研修に力を入れています。

【理由2】どうしてもやる気が起きないから

よく、やる気を引き出すとかモチベーションアップと言いますが、そもそもこのやる気やモチベーションというものは勉強に取り組む意欲とは関係ありません

「??」と思われたかもしれないので、少し事例をお話しすると、、、

例えば、好きなテレビ番組を見たり小説を読み始めると、食事をするのも忘れて没頭してしまいますよね?

その時に、やる気を出してテレビを見たり、小説を読んでいるでしょうか?

まず、そんなことはないはずです。

つまり、やる気やモチベーションとは違う“要素”があるのですが、これを指導されることがほとんどないために、子供達は勉強に取り組むことができにくいのです。

【理由3】効率の良い学習方法を取り入れていないから

たとえ一生懸命に勉強をしても、なかなか成績が上がらないお子様が多いのは、学習方法や分量にその原因があることがあります。

例えば、塾に通うと塾のテキストやプリントを渡されますが、そもそも学校の授業も理解できずに大変なところにさらにテキストを渡されると負担が増量します。

そうなると課題をこなすだけになるので、本来の目的の“学力を身につける”ということができなくなってしまい本末転倒です。

 

では、どのようにすればこれらを解決し
学力を上げて志望校合格・成績アップを果たすことができるのでしょうか?

【ポイント1】やるべきことを決める

つまり

ポイントを絞るということです。

これは、成績が伸びない3つの理由でも述べましたが、多くの子供達はやることがあまりにも多すぎます。

 

それは

学校の宿題・予習・復習・補習・小テスト・中間テスト・期末テスト・実力テストに加えて

塾の宿題・予習・復習・補習・季節講習・業者模試などなど、、、

成績が伸びないと悩んでいる子供達は、当たり前ですが今の授業が分からずに苦しんでいます。

つまり

今の学校の宿題をこなすのにもとても大変で、膨大な労力と精神力を浪費するのです。

そんな中、さらに学校からの補習を受けたり、塾から新しいテキストを渡されていたら さらに大変な課題を背負うことになるので、これでは現状を打破するどころか 泥沼にハマってしまいます。

なので、多くのテキストをこなすのではなく 『1つのテキストに絞る』 ことが、大切になってきます。

ただ、これは理屈では分かっていても、自分で1つに絞るのはかなり勇気が必要となります。

例えば

もっと別の問題集も解いたほうがいいんじゃないかな、、、
友達は違う問題集を使っているし、、、
学校の先生もたくさんプリントくれるし、、、

など、決断を鈍らせる要因がどんどん出てくるので

「これで大丈夫!」と言ってくれる存在がそばにいるかどうかが重要になってきます。

 

【ポイント2】戦略的な学習計画の立て方

よく夏休みの宿題でも、まずは計画表を立てます。

しかし

ほとんどの場合、何時間もかけて作ったのその計画表通りに行くことはありません。

そして、計画通りにできないことに意気消沈をして勉強への意欲が薄れていってしまいます。

何故なのでしょうか?

それは、そもそも計画の立て方が根本的に間違ってしまっているからです。

なので、正しい計画の立て方と実行の仕方を知ることで、達成できる目標設定の仕方を身につけることができます。

 

【ポイント3】分かりやすい解説

 

分かりやすい解説と言えば、ありきたりな表現かも知れませんが、実はこれができている講師というのは本当に少ないのです。

なぜそれができないのかという、最大の理由が2つの理由があります。

 

理由1】もともと頭のいい人が講師になっている

もともと頭のいい人は、勉強が苦手な子供の気持ちを汲み取ることが苦手です。

なぜならば、自分でそういった体験をしたことがないからです。

ただ

中には、もともと頭がいいにも関わらず、お子様の目線で指導をしてくれる先生がいます。なので、そういった先生といかに巡り合うかが大切です。

また

お子様の気持ちを同様に理解してくれる講師は、他にもいます。

それは

もともと勉強が苦手だったけど、それを克服して乗り越えて来た先生です。

この先生から指導をされると、辛い気持ちにもしっかりと向き合ってくれるので、お子様も辛い勉強に立ち向かう勇気を手に入れることができます。

つまり

講師というのは、最終学歴や年齢で良し悪しが決まるのではなく、人間性が大切になって来ます。

 

【ポイント4】お子様に合った学習プラン

塾の形態は様々あります。

集団塾、少人数制の塾、1対1の家庭教師。

どれもメリットとデメリットがあります。

費用面では最も安い集団塾ですが、それ以外のメリットがあまりありません。

というのは、集団塾の授業というのは、誰にでも分かりやすい平均的な授業構成にしているからです。

このように言うと、一見良さそうに思うのですが、よくよく考えてみると平均的なお子様というのは一体どれだけいるのでしょうか?

そもそも平均とは、バラツキのあるものを全て足し合わせて、その中間地点を指す事を言います。

例えば、学校で3人の学生がテストを受けてそれぞれの点数が20点、40点、90点だったとします。

そうすると、確かにその平均は50点ですが、その点数は今回の3人は誰も取っていません。

しかし、集団授業というのは平均に合わせて構成されているので、50点ラインに合わせます。

そうなると、20点の学生にはすごく難しい授業になり、40点の学生には少し難しい、90点の学生にはあまりにも簡単すぎる授業となってしまいます。

つまり、誰のレベルにもマッチしていない授業となっています。

これは極端な例ではありますが、集団授業の構成とはこのようになっています。

ただ、このように言うと「その為に、レベル別に授業を分けています。」と言うお声も出てくると思いますが、例えば平均点以下の学生用の授業なら偏差値20〜50までの平均、中クラスの学力なら、偏差値47〜59までの平均などになっています。(※偏差値の数字はイメージを分かりやすくする為につけた数値なので、おおよその値になります。)

つまり、いくらコースを分けても、それぞれの平均を取った授業構成なので、ほとんどのお子様には「難しい!」か「簡単すぎる!」としか感じることができません。

その点を見ると少人数制指導か1対1の、例えば家庭教師の方が学力向上に効果的です。

ただ、少人数制指導は2〜5人を同時指導することが多いですが、実質1回の授業でしっかりと指導してくれるのは10分程度です。

そうなると、あとは事実上の自習となっているので、これだったら自習室を利用して分からないところを質問しに行くのと変わりません。

要するに、無駄が多すぎ流のです。

スポーツに例えると分かりやすいのですが、一流のプロスポーツ選手には必ず一人の指導者がついています。

社会に出て働いても、一人の先輩がみっちりと指導をしてくれます。

つまり、これから力をつけて行くと言う段階では、どんな分野でも1対1が最も効果的であると言うことが実証されているのです。

そうすることで、お子様に最適な学習プランをすぐに作ることができるので、学力向上や志望校合格をグッと引き寄せることができます。

 

【ポイント5】勉強に対するモチベーションを上げない

よくやる気をアップさせるとか、モチベーションを上げると言う話がありますが、これは一時的に上げることができても継続することが難しいのです。

例えば、学校のテストが終わった後に「もっと勉強をしておけば良かった、、、」と思い、テスト後にやる気を出してコツコツと勉強をし始めます。

が、しかし

2日経ち、3日、4日、、、1週間もすると、、、

その時のやる気が嘘かように消し去って、またいつもの日々を過ごすようになってしまています。

つまり、いくらやる気やモチベーションを上げたところで、元々の状態から無理あり引き上げている状態なので持続することが相当難しいのです。

だから、このやり方は根本的な解決となっていません。

では、どのようにすれば、お子様は毎日コツコツと勉強をするようになるのでしょうか?

それは

『何を天秤にかけるか』ということです。

 

そもそも勉強になかなか取り組めなかったり継続できないのは、勉強に勝る『何か』を天秤にかけていないからです。

例えば、よく聞くのが「漫画やテレビゲームならいつまででもできます!」と言う話です。

これらをする時には、凄まじいほどの集中力を発揮して、ご飯を食べるのも、トイレに行くのも忘れて没頭します。

ただ、この時にやる気を出しているでしょうか?
「よし、やるぞー!」と気合いを入れて、取り組んでいるでしょうか?

恐らくは、そんなことはないはずです。

そんな気合も入れていないのに、ずっと没頭し続けられるのは、食事やトイレという生理的欲求よりもゲームがしたいという欲求が勝ったからです。

つまり、天秤にかけて重たいものを人は優先するということなのです。

これが継続性を持たせるためのコツです。

では、勉強に勝るものは何か?

それは、『質の高い情報』です。

多くの人は、そもそも何を天秤に乗せればいいのかが分からないくらいに、あまりにも自分の中に持っている情報が少なすぎます。

だから、まずはこの情報を集める必要があります。

要は、勉強よりも重たいものを乗せることが出来たら、自然と勉強への辛さが和らいで取り組みやすくなります。

 

このように、5つのポイント

【ポイント1】やるべきことを決める
【ポイント2】戦略的な学習計画の立て方
【ポイント3】分かりやすい解説
【ポイント4】お子様に合った学習プラン
【ポイント5】勉強に対するモチベーションを上げない

を抑えることで、学力を向上させ、今の状況を打破し志望校合格へと向かうことができます。

ただ、1つだけ心配なことがあります。

それは

そんな講師や質の高い情報ってどこにあるの?

ということです。

そこで、これを解決するために弊社では

世界最大手のアマゾンでランキング1位を獲得した著者(教育学・学習指導部門)が指導方法を講師陣に伝授しています。

なので、お子様が本当の意味で理解しやすい授業を弊社ではご用意する事ができるので、今まで全く分からずに苦しんでいた問題も、スイスイ解けるようになります。

だから、学習に対する抵抗感が減り、ますます勉強に取り組みやすくなります。

アマゾンランキング1位の著者だけでなく、10年以上もの間、教育業界の最前線でお子様に指導を行い、東大受験者を全て合格に導いた超一流の講師が直接講師の育成をしています。

そして、この超一流の講師たちが直々に教育している講師陣が、お子様の指導に当たらせていただくので、指導力はもちろんのこと、お子様とのコミュニケーションも円滑に取る事ができます。

さらに

弊社代表の西川は、元大手学習塾の西兵庫統括者であり、現在は約210社以上の経営者から熱い支持を受けビジネス・教育などに精通した人間です。

その西川がお子様に質の高い情報を定期配信していきます。

この2つの条件を手にれることで
お子様の学力は伸び始め、志望校合格を手に入れることができます。

実際に弊社の受講生は

・学年でワースト3位の生徒が東京大学に見事に合格!!
・カンニングでしか点数が取れなかった生徒が偏差値65
・不登校だった生徒が積極的に学校へ行けるようになった

など、様々な成長を遂げました。

これらを可能にするのが
弊社の指導力です。

なので、もし今、お子様の学力のことでお困りなら、今すぐに【無料教育相談】をお受けください。

今の勉強に対する悩みを解決する方法が、ここにあります。

ただし、ご相談依頼も年々増加しており、お申し込みを頂いても1ヶ月待ちということもあり得ます。

そうなると、解決策を知ることが先延ばしになってしまうので、まずは今すぐに下記のボタンをクリックして無料教育相談をお申し込みください。

まずは無料教育相談へお申し込みください。